子供が歯みがき粉をのんじゃう、そんな時は?

まだまだうがいのできない年齢だったり、1人で歯磨きできなくて膝の上で歯を磨いていたり、時には甘くておいしい歯みがき粉をお菓子と勘違いしちゃったり、、、(汗)
子供が歯みがき粉を飲んでしまうケースってよくありますよね。
まぁ少量だから大丈夫かなと思いつつも、可愛い子供のことですからやっぱり心配って方も少なくないと思います。
こちらのページでは、子供が歯みがき粉を飲んでしまうことの影響や対策、応急処置の方法をまとめました。

歯磨き粉を飲み込んだらどうなるの?

子供用の歯みがき粉とは言え、歯の汚れや歯垢を除去するために体にとって害のある成分が含まれているのは事実。
スーパーやドラッグストアで数百円で売られている子供用歯みがき粉は、ほとんどがうがいで洗い流すことが前提に作られているため、微量ですが防腐剤や調整剤などの添加物が含まれています。
もちろん歯磨き粉の安全性は確認されていて毎回適正量を使用すればすぐに体に大きな影響があるということではありません。
ですが、毎日必ず行う習慣である歯磨きですので、チリも積もれば、、、と怖くなります。
歯みがき粉に含まれる成分は、歯や虫歯対策としてみれば優秀な成分ですが、体にとっては害のある成分が非常に多く含まれています。

  • ・ラウリル硫酸ナトリウム
  • ・酸化アルミニウム
  • ・リン酸水素カルシウム
  • ・フッ素

※フッ素は賛否両論あります
これらの成分は、大人でも敬遠する方もいるほどですので、できる限り子供には使わせたくないところです。
専門家の中にも、小さな子どもに歯磨き粉を使うこと自体を疑問する歯磨き粉反対派も多数いることを考えると、やはり歯磨き粉を飲み込むことは子供の体にとって有害であると考えざるを得ません。
子供の体のことだけを考えるなら、うがいができるようになってから歯磨き粉を使用する、飲み込んでも安全な歯磨き粉を使用する、歯磨き粉を使わずに歯磨き粉を行うなどが良さそうです。
子供の歯を守るための歯磨きで子供の体に有害物質を取り入れさせては本末転倒。親として歯磨き粉の誤飲対策は行なって上げたいところです。

もし、歯磨き粉を飲み込んだ時の対処法は?

子供が歯磨き粉を飲んでしまった場合の対処法は?

まず、どのくらい飲み込んでしまったか冷静に把握します。
子供が歯磨き粉を飲み込むと言っても、以下の2通りのケースが考えられます。

  • 歯磨きの最中に謝って飲み込んでしまうケース
  • お菓子と勘違いをしてしまいチューブから直接飲んでしまうケース

2のケースでは、小さい子供の体ではフッ素の中毒の危険性が高くなります、応急処置として牛乳を飲ませ(フッ素の毒性を中和する効果があります)、個人での対処はせずに病院で診察を受けるようにしてください。
1のケースでは、まずは口内をきれいにすすいで、牛乳を飲ませます。
中毒量は5~10㎎/㎏なので体重10kgの子どもの中毒量は50~100㎎となります。
日常でこの値のフッ素を摂取することはほとんどあり得ないことですが、万が一嘔吐するようでしたら一旦全部吐かせてしまいます。
そして、気道をふさがないように体の左側を下にして寝かせます。気管に異物が入ってしまうと肺炎を起こしてしまうことがあるからです。
もし顔色が悪いようでしたら速やかに医療機関で診てもらうようにしてください。
場合によっては、胃の洗浄が必要になることもあります。どこで診てもらえばいいか分からない場合は、小児救急電話相談(#8000)で医師や看護師から対処の仕方や適切なアドバイスをもらうことができます。慌てずに対応しましょう。
その他にも下痢などの症状が現れることがありますが、子どもに元気があるのならひとまず大丈夫です。
中毒症状は短期間で症状があらわれますが、3日程は子どもの異変を察知できるよう気を付けて様子を見ておくことが必要です。
幼稚園や保育園に通っている場合は、担任の先生に事情を伝えておくことも重要です。

子供がまだ上手にうがいできない場合や、子供が歯磨き粉を飲みこんでしまう場合の対策としては以下の方法があります。

  • ・歯磨き粉を使わずに歯磨きを行う
  • ・フッ素スプレーやジェルを使う
  • ・飲み込みOKの歯磨き粉を使う

歯科医師の中には、うがいが満足にできる年齢に達するまで歯磨き粉を使用する必要はないと主張している方も多くいます。
ただし、毎日の食べ物や生活習慣を合わせて改善したり、ブラッシングを今以上に時間をかけて丁寧に行う必要があります。
ただでさえ、泣き叫び暴れまわる子供の歯磨きを丁寧に行うことはあまり現実的な対応ではありません。
フッ素を使用することに抵抗がなく、うがいや歯磨きができないだけであれば歯にフッ素を吹きかけるフッ素スプレーやフッ素を塗布するフッ素ジェルを活用することもおすすめです。
歯磨き粉と同じく、保管場所の徹底や使用方法や使用量はしっかりと管理をしてあげる必要があります。
対策として、もっとも簡単な方法が飲み込みOKの歯磨き粉を使用することです。
飲み込みOKの歯磨き粉であれば、子供の誤飲のリスクは大幅に下がるため、子供の歯磨きに対する労力を下げることができます。

飲み込んでも大丈夫な歯磨き粉って?

合成界面活性剤や保存料の使われていない無添加の歯磨き粉や、天然由来成分を使用しているもの、フッ素を使用していない歯磨き粉であれば飲み込んでしまっても心配する必要はありません。
もっとも安全性が高く、子供の歯磨きに対するストレスや労力を大幅に下げてくれると人気がでている商品がウィステリア製薬のブリアンです。

ブリアンは飲み込むOKの歯磨き粉

ブリアンはすべての成分が体に優しく食べられるものでできていて、完全無添加の歯磨き粉になります。
誤飲対策だけではなく、磨き残しにも対応できるので子供の歯磨きに不安を抱える方には特におすすめの商品です。
愛しい子どもの小さな歯や体を守ることは親としての大切な役割ですが、あまり神経質になりすぎることにも注意しましょう。
子供に言うことを聞いて欲しくて、ついつい怖い顔をしていたり、注意ばかりしていると、どんどん歯磨き嫌いになってしまいます。
子供と一緒に笑って歯磨きの時間が楽しめるように、環境を整えて、安心で安全な歯磨きタイムを作って上げてください。

この記事を書いている人

nobinobi-kids編集部
3人の子供を育てながら、日々子育てや子供の健康について勉強をしています。 当サイトでは、子供の成長に関わるテーマをメインに情報発信をしていきます。