子供に与えるサプリだからこそもっとも気になるのがサプリの安全性に関わるポイントだと思います。
インターネットでいつでも簡単に購入することができることがカルシウムサプリとはじめとする各種サプリのメリットですが、反対に安全性、信頼性の根拠の乏しい粗悪サプリを選んでしまうリスクもあります。
安全性や信頼性を考えるとき特に気になる問題がサプリに含まれる食品添加物に関する問題です。
食品添加物は全てが全て悪いというものでもなく、よりよりサプリを作るために使われている安全性の高い成分もいっぱいあります。
間違った食品添加物の情報に惑わされて過剰に無添加に反応してしまうのも考えものですので正しい知識を確認していきましょう。

そもそも食品添加物とは?

食品添加物とは、毎日の食卓に並ぶ様々な食材や食品を製造したり、加工したり、保存したりする際に使用される物質のことを言います。
食品を長持ちさせてたり、食品に色を付けて見栄えを良くしたり、味をつけたり、栄養成分を補強するなど食品の利便性の向上を目的に使われる成分を指します。
食品添加物は、厚生労働省による食品衛生法において大きく分けると以下の4種類に分類されています。

指定添加物

天然添加物、合成添加物に関わらず国の定める基準をクリアしているまだ実績のない添加物

既存添加物

長年使用されてきた上で安全性が確認されている天然添加物

天然香料

緑茶や果物のリンゴ、動物の乳などの動植物から抽出する香りづけを目的とした添加物

一般飲食物添加物

オレンジの荷重やこんにゃくに含まれる成分のマンナンなど通常は食品として使われるが添加物として使用させることがあるもの
食品衛生法による分類以外にも食品添加物の使用目的別に分類されることもあります。

食品の加工、製造のため

酸やアルカリなど加工助剤や油脂溶出剤など食品の加工製造のために欠かせない添加物

食品の見た目、香り、味のため

漂白剤、発色剤、着色料、香料、調味料、甘味料、乳化剤などいわゆる添加物で思い浮かべる添加物のほとんどがこれ。商品の魅了をよりアピールするために付け加える添加物。

食品の保存性のため

保存料、殺菌料、防カビ剤など食品の腐敗や酸化を抑え質の低下を食い止めるための添加物

食品の栄養成分を補強

アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど人間にとって必要な栄養素を補強するための添加物。カルシウムサプリのようにメイン成分となることも多々ある。
現在、厚生労働省のHPなどで閲覧できる食品添加物リストには1500種類程度の食品添加物があります。
一般飲食物添加物のように添加物の名を冠しながらも普通の食材として使われているものもあるため必ずしも添加物=危険ではないということは覚えておいて頂きたいと思います。

サプリに多く使われる添加物とは?

一般的なカルシウムサプリなどの多くは基本的にはカプセルの形で粉末を閉じ込めていたり錠剤の形に練り固めていたり飲み心地を向上する目的で添加物が使用されているものが多くあります。アスミールのように粉末の形態をとっていてもサプリに位置づけられる商品もあったりしますが、カプセルタイプや錠剤タイプに加工する際には必ず添加物を使います。この時に使われているのが「賦形剤(ふけいざい)」です。
賦形剤には、様々な物質が使われますがその中でもとくに多く使われているのが牛乳由来の糖分である乳糖です。過剰摂取により腹痛や下痢がおこることがあり、サプリを飲んだらお腹が壊したなどはこの乳糖が原因となっている可能性もあります。
そのほかにも二酸化ケイ素やセルロースなども賦形剤として多く用いられる成分です。これらも過剰摂取に注意が必要な成分ですのでサプリを購入する前にはチェックしておくようにしておきましょう。

食品添加物が子供の身体に与える影響とは?

今ではコンビニ弁当やお惣菜、ファストフード店、ファミリーレストランなど食品添加物を利用した加工食品に囲まれて生活をしています。
毎日当たり前のようにとっている食品添加物が子供に対して少なからず悪影響を及ぼしていることは事実です。
食品添加物は以下の4つのリスクを高めるとされています。

  • 1:発がんリスクの上昇
  • 2:催奇形性(奇形のリスク)
  • 3:味覚障害
  • 4:アレルギー

食品添加物の悪影響としてもっとも有名なのが、発がん物質による発がんリスクの上昇です。
多くのお菓子に含まれる人工甘味料やカラメル色素には、発がん性を持つものがあることが分かっています。
子供達の身体は、日々活発な細胞分裂を繰り返されること成長を続けていきますが、発がん物質の影響を受け遺伝子のコピーミスが起こります。このコピーミスによって生まれた不完全な遺伝子がいわゆるがんの元になっていきます。
また、食品添加物の影響は私たちから見た孫の代にまで影響するとされ、子供の妊娠時に催奇形性のリスクが高まるとも言われています。
さらに、食品添加物で作り出される表面的なうまいや味付けに舌が慣れることによって、食材が本来持つおいしさを感じることのできないある種の味覚障害になってしまうこともあります。
食品添加物を大量に使った濃い味付けの食べ物でしか、おいしさを感じることができずに加工食品に依存した食生活になってしまいさらに大量の食品添加物をとる悪循環に陥ってしまうこともあります。
また、食品添加物の中には、アトピー性皮膚炎や喘息、じんましんの原因となるアレルギーを引き起こすものもあります。
有名なものでは、保存剤や抗菌剤として使用される安息香酸ナトリウムやパラベン、抗酸化剤として使用される亜硫酸塩、着色剤として使用されるタートラジン、甘味料であるサッカリン、アステルパームなどがアレルギーリスクを持つ食品添加物となります。
子供の健康を守るためにも食品添加物に対する知識や危機感を持っておくことは大切です。

サプリの添加物の含有量を見極める方法とは?

悪質なメーカーのサプリの場合、1錠のほとんどが添加物の商品も存在します。そのようなサプリを選んでいては、お金を払って健康を害しているようなもですよね。
そのようなトラブルを避けるために有効成分が多く含まれているサプリを見分けるポイントをご紹介します。
そのポイントとは、製品ラベルの原材料欄を見ることです。
現在のJAS法(品質基準制度)では、製品ラベルの原材料欄には占める重量の多い原材料から順に記載しなければいけないというルールがあります。
例えば、カルシウムサプリのメイン成分はもちろんカルシウムですので骨焼成カルシウムや貝カルシウム、ドロマイドやカゼインカルシウムペプチドなどカルシウムに関わる成分がより上位に来ているものを選べばメイン成分はほとんどなく添加物だらけの商品を購入するという失敗を防ぐことができます。
子供の安全を守りより効果の高いカルシウムサプリに出会うためにも食品添加物の確認は必ず行うようにしましょう。

この記事を書いている人

nobinobi-kids編集部
3人の子供を育てながら、日々子育てや子供の健康について勉強をしています。 当サイトでは、子供の成長に関わるテーマをメインに情報発信をしていきます。